fc2ブログ
Tue.

2019 旋転記

2018年末にかかげた目標


●JapEn 15th出演
落選。

●大分及び九州地区のスピナー活動活性化
大分でも、そして福岡の地でも九州スピナーの集まりを数回開催することが出来た。本当にエネルギッシュな方がたくさんいて、まだまだ遊べる予感を感じた。
年齢層も高くなりつつあり、都心部に集まりがちなスピナーだけど、地方も負けていないと感じたので、これからやりたいこともたくさんあるので実現出来るようにやっていきたい。

●move onスピナーへの教育を成し遂げる
18年11月に活動をスタートしたmove on。
いわゆる 弟子 を5名集めて教育をしながら、自分自身も学んでいくスタンスでスタート。実はとても良い志望動機の方もいて7名の方と1年間やりとりをしていた。1年を通じてある程度マメにやりとりはしていたと思うし、1年という短期間ではあったけど皆とても成長出来たと思った。
だけどもこちらからのアプローチがまだまだ足りなかったという反省点はあった。やりたいこと、伝えたいこともありつつ忙しさに殺される日々にもどかしさを覚えた。
活動の締めになるような活動も予定しているので、時間は経ってしまいはしたけど乞うご期待ください。
そして志望をしてくれた7名の皆、1年間本当にありがとう。楽しくやらせてもらってます。

————-

●JEBFES2019・・・

前座イベントのJEB SUMMITでは登壇者として『ペン回しが“上手い”とは』という演説をさせてもらった。自分の中に秘めていた上手いについてを喋らせてもらった。ennisさんから登壇依頼のお声がかかってから自分がイベントの一部になるというプレッシャーに押されて毎日遅くまで何を喋るか考える日々だった。
良かったのか悪かったのかは分からなかったけど自分なりに気持ちよく喋ることはできて後悔は無い。
たくさんの投げ銭投げペンも、本当にありがとうございました。(ビートレさん、特に感謝致します)

JEBFESは、初の映画館でのJapEnの公開。JapEn公開後の委員会のスピーチには胸を打たれたし本当に苦労の1年間だったと思うけど、映像・エンタメとしても、ペン回しの作品としても最高レベルの感動を得られた。

10年の付き合いでありながらも初顔合わせだったエクストリーム芹川さんとお話し出来たことをはじめ、関わってくれた全ての皆に感謝。飲み会は同窓会みたいな瞬間もあって皆で笑いあえた良い時間だった。
今まで関東イベントには毎年行っていたんだけど数年の時が空いてしまって、イベントに行ったら毎回知っている人がいる大型イベントだったけどほとんど顔と名前が一致しないようになっていたので、お声がけ出来なかった人たち、申し訳ない。


JapEnは、全員が個人においての最高レベルのFSを魅せていたと思うし、スタンディングスタイルにおけるカメラワークという魅せ方は盲点だったし、素晴らしい表現だった。ペン回しがまた1歩前に羽ばたいた瞬間だったと思うしそのきっかけをくれたJapEnに感謝。


2020は色々なことが起こる1年になることだろう。楽しみをプレゼント出来て、楽しんでいける人であり続けたい。

来年もHALをどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



22:55 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

新しいステージ

新しくYoutubeチャンネルを開設した。






従来のチャンネルが自身のポートフォリオであるなら、こちらは動く日記のような感覚で。
コラボのために自分の動画をどうするか考えたり、楽しいコラボを公開して出演者や作曲者と楽しいものを作り上げたり。いろいろな楽しみ方でペン回しを楽しんできたけど、俗に言うYoutuberなる人たちが活躍する中で、"動画"という世界で新しいエンタメができないか?と考えた結果。

やりたいことはたくさんあるし、とにかくそれをある時間の中で出来るよう楽しんでいく1年に、ひとまずそうしたい。

興味のある方はぜひチャンネル登録等々、よろしくお願いします!!!

23:13 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

2018

ブログ更新してるやんんん!?

2018年も、たくさんの方々に大変お世話になりました。また来年もよろしくお願い致します。

今年のことは今年に済ませておかないとやっぱりダメなんだ。ダメなんだ。そういう性格なんだ。俺は。

ザックリと。
ちなみに、アナログの方で、毎日365日欠かさず日記を書いている。2018年も書き抜いた。それを読み返しつつ、振り返る。

1月
『おp39th』を公開する。fukrouさんの初出演CVらしい? 本当に出演をありがとうございます。年始早々審査で人を落とすのはどうなのかというコメントもあったけど、そこに同意いただいたうえでの審査制CVだとは思っているし、このシステムそのものは悪いものではないかなと思っているつもり。

2月
『Copies 2』を公開。
大分オフ9th の開催。6時間ひたすらペンを回す。この辺りから改めて大分スピナーの団結力が深まる。

3月
行き着けの美容院の美容師が退職しており、代理の方に最悪の髪型にされる。

4月~5月
JAPAN CUPに出場しないかとHibachiに誘われる⇒予選動画提出

6月
JAPAN CUP1回戦動画提出⇒敗退

7月
大分オフ10thを開催。ドライブで色々な所に行くが結論ペン回しが楽しいとなる。

8月
『DADA』 の動画を撮影する。 『Simpledit#02』 出演。

9月
やたら改造ペンを作る。本格的に『HAL 3rd』の企画を進め、再度招待の方々のスケジュールを調整する

10月
『HAL 3rd』の楽曲が完成し、本格的に聴き込む。 move on 企画がスタートし、採用の方と面談的な意味を込めた通話会をする。

11月
KBS福岡放送 ドォーモ にて初のペン回しを題材にTV出演。
ペン回し教室 in 福岡 に参加

12月
『HAL 10th Anniversary solo video』
『HAL 3rd』
公開




2017年より内容は濃い1年だったのではないかと思う。そして、年末にかけて、本当にずっと前から計画していたソロビデオやCVに向けて駆け抜けてきた。
ほんの少しだけど、教室などで新しい技に触れることも出来たし、交流も出来た。でも来年以降こそはオフラインの大きいイベントにいきたいし、主催もしてみたい。move on もあるし、まだまだやりたいことはたくさん。
まとまらないけどこのへんで。

良いお年を。



22:53 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

ペン回しでTV出演をした話

ペン回しを題材に、TV出演をした。

指先の達人を取り上げるということで。
その後たくさんの、プラスな声をいただいていてありがたい限り。その日の話やちょっとした裏話も書いていこうかと思う。

---11月7日---

日本ペン回し連盟の理事長こと、itezaさんから連絡が入り、メディアの方が九州で活動しているスピナーを取り上げたいとのことで連絡が入る。

そのタイミングでは返信が遅れてしまったけど取材を引き受ける形で返信。

KBC福岡のディレクターの方と簡単な打ち合わせをして大分県某所で撮影をすることに。

15時ごろに集合場所の文房具屋に集まって実際にリポーターの方と初めて対面(その方も何の達人であるかは知らない)
このときは自己紹介、どんなペンが回しやすいのかや簡単な改造ペンの作り方などを紹介した。緊張で振るえが止まらなかったのを今でも思い出す。
あと実際に旋転もしたんだけどキッズたちからの注目が凄かった。

ちなみにこのときに回したペンが売り物なのではないかという声がチラホラあったけど実際に文房具屋に許可は取っていたうえにそのペンはテレビ局の方が買い取りのちに改造した。

次に公園に移動して撮影をすることになるがまさかの公園自体の撮影許可が、管理人不在のため降りず最寄の河川の土手で撮影することに。テレビでいきなりシーンが変わり川になっているというなんともシュールすぎる光景だが夕陽も綺麗だしこれはこれでということで。

生まれて初めて河川に机搬入してペン回したわ。w

リポーターの方はすでにノーマルを習得しており、普通のテレビとは違った展開になったのでソニックや、カットされていたがリバース、カージオイドなどをレクチャー。めちゃくちゃ飲み込みが早くて収録中のほんの10分程度で技を習得されていたのがかなり印象的。他の撮影スタッフの方々ともペン回しで交流をしたんだけどほとんどの方が基礎を習得していて、ブームってやっぱあったのかなとか思ったり。

他にも自身のペン回しのことを語ったり改造レクチャーでVP MXの素材を持ち込んだりしていたんだけど陽が出ているうちに撮影しないといけなかったのでここでは役目はあらず。

撮影は本当に和気藹々とした状況で行われて、ヤラセみたいなものはハッキリ言って一切なく、投げかけられた質問などに回答したりとナチュラルな会話だけで撮影を終えとにかく楽しい時間だった。
そしてスタッフの方々もペン回しを少しでも綺麗にカッコよく撮りたい、テレビで前向きに発信したいという心意気があり凄く感心した。

7日声がかかる⇒10日撮影⇒12日夜放送 というスピードワーク。凄いよね。

昔は貧乏ゆすりレベルでとらえられていたペン回しだけど今は本当に1つのコンテンツとして目覚しい進化を遂げていて、それを中心としたクラウドファンディングで組織が動いたり、現に撮影でもペン回しを中心に凄く楽しいコミュニケーションをとることが出来た。これをきっかけに良い方向に回って行けたら良いと思う。ペン回しと一緒に(笑)

視聴者の方々、そしてKBC福岡のスタッフの皆様、ありがとうございました。
22:44 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

JAPAN CUP 2018 決勝第1回戦 敗退・・・

先日ブログを書いたペン回し日本大会の決勝第1回戦。

チームバチクソ火鉢の代表3名の1人として本戦にも参加をした。

対戦相手はoctopusさん。後々知ったんだけどペン回し暦は現在3年半らしい。ひえぇ。

結果は敗退。チームとしてもここまでの戦いになった。

まず自身の提出動画がこちら。





随所で言われていたのが環境どうした というやつ。
酷評が多かったポイント。

種明かしをすると、スケジュール管理のミスで自宅にいるうちに撮影が完了せずに友人宅で撮影した動画になってしまった、と言うことになる。
撮影はiPhoneカメラの、使用ペンはこの世で今までに体験したことのないくらい回しづらい楽ボJELL。

FS自体は、滑らかな回転を意識したアッサリした味付けの作品に仕上げた。魅せ場はパスの流れからの乱れを感じさせないよう盛り込んだパームスピン。〆は半回転増やしの122。

敗因は環境も含め、創造性と挑戦心を感じさせる構成のoctopusさんのFSと比べたときのインパクトの見劣りだったのかなと思う。


チームの皆や視聴者からももしかすると、ハテナの多い負け方になってしまったのかもしれないけど自分の出せる全力を出し切れたとは思っているから個人としての後悔は無い。ただこのタイミングで普段と大きく違う味付けの作品を出してしまうことになったことに関して、チームメイトの皆には凄く申し訳なく感じた。

そしてこの大会を通じて自分の旋転の"時代遅れ感"を凄く感じることにもなったので、これからはイベント等を通じてコミュニケーションをとって若い力を吸収していきたいと感じた、刺激になったイベントだった。

チームバチクソ火鉢の皆、ありがとうございました。
23:05 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑