FC2ブログ
Mon.

HAL 3rd


こちらの作品。について。

HAL シリーズの第3作、そして10周年記念作の2段目として公開をした。

先ず、この作品の視聴者、そして参加者、楽曲製作の干瓢碁さんはじめ関係者の皆様。
本当にありがとうございました。

支えあっての今がある。本当に感謝の限り。
もう1度スピナーの方々に考えて欲しいことがある。当たり前のことなんだけど、コラボレーションビデオってのは本当の意味で"コラボ"なわけです。楽曲を提供してくれる人。FS(時間、労力)を提供してくれる人。そして企画者自身も楽しいものを提供する側。皆が皆のコラボがあるからこそ始めて成り立つもの。

そんなことは置いておきざっと作品について。

・企画
公開の1年くらい前から半数近くの出演者に声かけをしていた。撮影が困難になり参加出来なくなった人もいた中、必死で動画提出をしてくれた皆に感謝。

・楽曲
JapEn 10thでいろいろ通話打ち合わせなどの経験があった干瓢さんに依頼。本当に何度も何度も曲の校正を出してくれ、時間を割いて打ち合わせをしていただいた。数ヶ月に及ぶ楽曲制作の元出来上がった『Life is like a Penspinning』。自身の10年の答えとも言えるメッセージが、ダイレクトに込められた楽曲と、曲名だ。いろいろと捻ったり、抽象的な表現も考えてはいたけど最後に干瓢さんが出してくれたのがこの名前だった。本当にありがとうございました。
10年を向かえ、まだまだ希望に満ち溢れているという面や、前向きな作品にしたかったことからピアノを中心に、旋転に最も合うBPMの元作成していただいた。
曲が完成してからは毎日毎日車の中や食事中も。出演者の旋転や作品の流れを想像しながらの毎日だった。
試行錯誤することそのもの、それはまさに生涯旋転 と紙一重とも言える。

・編集
これは断言出来ること。俺自身は映像編集が不得意だ。
昨今は本当にめまぐるしいほど、ペン回しと共に映像・編集技術も進化を遂げている。その進化についていけているかというとそうではない。となるとやはり自分に出来る表現とは何かというと、旋転を主人公にしたメッセージを作り上げること。
その中で、無駄な映像シーンは取っ払うこと、とオマージュ。作品にEDを付けることは1年前から決定していた。
EDでペンスピナーとペンを紹介するのはJapEn 1stのオマージュでもある。そして、さらっと流れるようなEDにし映像面で魅せるという方向性は捨てた。

・キャスト
10年という時を通じてお世話になった方々、そして10年経った今も尚、自信に感動を提供してくれる方々などを中心に招待。
それと、4分強という時間の中で招待を出来なかった関わりのある方々、すみませんでした。
ただ、ペン回しのコラボ作りにおいては、出演者個々のブランド化というのは非常に大切だと思っていて、それぞれの輝けるシチュエーション作りも大事だと考えている。今回招待をしなかった方々とも必ず良いものを作っていきたいと考えている。そこだけは間違えないので、ぜひ気持ちを受け取って欲しい。




ありがたいことに、公開からしばらく経った今も尚、感想や嬉しい言葉を受け取っている。これからもこの作品の公開を機にまだまだ前に歩んでいこうと思う。
スポンサーサイト



21:30 | 編集後記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

漆黒蝶8th


JEBで参加者を募集させていただいた作品。

ゲストを数名誘った作品にしようと思ったんだけど、どうせJEBで募集するんだし挑戦者の動画だけを使った作品にしようと思ってこういったメンバーになった。

作風としては、2008年とか9年ごろのJEBで普通に作られていたような作風を意識した。曲もそんな感じのチョイス。

作品に関する感想とか、FS、メンバーについての質問とかあればぜひコメントください。


自分の動画について・・・


出忘れた。

良いと思える人の動画を取っていっていたらいつの間にか自分を使うことなく編集が終わってしまった。

改めまして、たくさんの参加希望、参加をいただきましてありがとうございました。また作品を作って皆さんに楽しんでいただけたらと思います。
23:11 | 編集後記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑