--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

Jebfes、JapEn 10th、JEB総合管理人

Jebfesについて

いろいろ書きたいことがありすぎてまとまらないのでパパっと。機会があればいろいろしゃべりたいな。
12月13日、無事終了。事の発端は、GO_ONRONEさんに、「スピナーだけで作り上げる文化祭のようなイベントをやりたい」と言われたのがキッカケ。

本当はブースを使ってみんなでワイワイやるイベントとかにしたかったんだけど、今年のナランハを参考に運営でイベントを組んで、それをグループ同士で楽しむというイベントに。

結果的には、成功なのか不成功なのかはわからないけど、多くの方に楽しんでいただけたみたいで良かった。
目玉であるJapEnの公開は、本当は春先にでもやる予定だったイベントを無理やり冬にずらしてでも自分が提案したこと。

会場でリアルにJapEnを体感して漏れる声を聞くことが出来て、正直放映中は涙腺が緩んだ。

イベント当日までは、連日会議だったり成功するのかという不安だったり、いろいろ思い悩むこともあったけど、大きな事故もなく、頭の中で思い描いていた参加者の盛り上がりだったり、JapEnを放映したときの反応だったりを見ることが出来て良かったし、ちょっとホッとしました。そして何より多くの方が楽しんでいただけたのが一番のことだと思う。

スポンサー無しのスピナーで作り上げるJEBで募集をしたイベント。JapEnの放映だったり初の試みばかりで失敗することも多々ありましたが新たなイベントの方向性の1歩としてやって良かったと思う。

ご協力いただいた運営の皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました。




JapEn 10thについて

初のSoy 2014との連携。編集など技術的なことに関しては編集者のTMrWさんが書いているのでこちらを参考に。

Soy 2014との連携は面白かったと思うし、新しいJapEnの出演者の選出方法として成功だったと思う。
ただ、Soyとの連携は一番の面白みであり一番の難しいポイントだった。

ランクインした人はスケジュールや自分のモチベーションに関係なく参加することになる。そのため、撮影の期限の延長なども余儀なくされて、編集者は体に大幅な負担がかかる。そのこともあり、公開が遅れてしまったのも最大の反省点だと思っています。
そして、前述のJebfesでの作品の公開も面白みであり、会場の予約の関係でJapEnの公開を大幅に早めてしまったことに繋がっている。クリスマスプレゼントとしてJapEnを楽しみにしていた方々には申し訳ない。

ただただメンバーを選ぶのではなく、コンセプトを持ったうえで、投票というフォーラムにも協力をしていただく形で得ることのできた新しい形のJapEn。それが最新作、JapEn 10thとなりました。 多くの投票をありがとうございました。

---JapEnの自分の動画について---

今年も出演させていただきました。率直な感想、「またかよっ!!!」って人が多かったのではないかと思う。
というか、自分自身も「俺かよっ!」っと思った。

2014年は、WCでの活動における票数が多く、出演に至りました。
正直、5回目の出演でありとても嬉しい反面、自分の出演やFSの評価についてすごく悩み、出演するかどうかは考えた。

でも、票をもらえるということはやはり嬉しいことであって、作品としての見映え(ランクインしているものの出演していない)などのことも考えて出演をさせていただいた。

JapEnにおけるFSで一番求められているのは自分らしさなのではないかと考えた。そこで、ウリにしているキレやスピード感に加え、今年FSにたびたび入れた、逆再生のような動きを少し入れてみた。
評価としては。うーん。どうなんだろう。自分の頑張りが評価に直接つながるかというとそうではなくて、もっと暴れているHALさんを見たかっただとか、賛否両論いろいろあった。
5回出ていればそのぶん過去の作品全てと比較されるだろうし、期待を裏切らないようにFSを組むのは難しいことだった。

ただ、自分の中で納得行く完成度で完璧だと思えるFSを提出出来たのは良かったことだと思う。
投票してくださった方々、ありがとうございました。投票あっての出演となりました。

JEB総合管理人について

2012年の就任から、今まで約2年2ヶ月、協力いただいた方々、ユーザーの皆様、本当にお世話になりました。

JapEnの制作や、各イベントへのサポート、そして最後にはJebfesというオフラインイベントなど。関わったことによって大きく方向性の変わったイベントもあったのではないかと思います。

自分の力不足で、やり残してしまったことも多々ありましたが、掲示板の管理という形でではありますが、自分自身を成長させる良いきっかけになったと思います。


そして、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
管理者という立場でありながら、その自覚が浅く、多くの方に迷惑をかけたり、何度も謝罪をしたり。自分の影響力や信頼性を理解しないまま無責任な行動を取ってしまったことも多くありました。
それらの方への行動は後悔していますし、直接関係が無かった方々も不愉快に思うことがたびたびあったのではないかと思います。
今では、本当にそれら全てのことは愚かなことだったと考えています。ご迷惑をおかけした全ての方々にお詫び申し上げます。

もう信頼は取り戻せないものかもしれないですが、それらを前向きに受け止めてこれからはそれらの反省を活かしていこうかと考えています。

管理者としての活動終了の理由としましては、2014年で管理職に区切りをつけたいと考えていたことと、上記の反省をする時間が欲しいと考えたことも理由の1つです。

新しい総合管理人にはAokiに就いていただくことにしました。飛びぬけているところが多すぎる方ではありますが、リーダーシップはピカイチだと思っていますし、信頼でき、言うところはズバッと言え、決断力のある方だと捕らえています。

Aokiにご協力をよろしくお願いします。



改めて。
2014年12月31日で管理職を終わらせていただきます。管理者として選んでくださったcoco_Aさんを中心に全ての方に感謝致します。今までありがとうございました。


これからは反省や、経験を活かしていきながらペン回しと向き合っていきたいです。
スポンサーサイト
00:37 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。