--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

漆黒蝶8th


JEBで参加者を募集させていただいた作品。

ゲストを数名誘った作品にしようと思ったんだけど、どうせJEBで募集するんだし挑戦者の動画だけを使った作品にしようと思ってこういったメンバーになった。

作風としては、2008年とか9年ごろのJEBで普通に作られていたような作風を意識した。曲もそんな感じのチョイス。

作品に関する感想とか、FS、メンバーについての質問とかあればぜひコメントください。


自分の動画について・・・


出忘れた。

良いと思える人の動画を取っていっていたらいつの間にか自分を使うことなく編集が終わってしまった。

改めまして、たくさんの参加希望、参加をいただきましてありがとうございました。また作品を作って皆さんに楽しんでいただけたらと思います。
スポンサーサイト
23:11 | 編集後記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

NG x lvt

リーダーを務めているチームNGと、Lovetrapとの共作が完成した。

編集はhashさんとShadix。2人とも、改めてお疲れ様です。複数人数で編集をするっていうのはなかなか大変なことなんだけど、2人の編集の特徴が活かせていてかなりバランスの良い作品に仕上がったのではないかと思う。

作品はこちら。まだ見ていない方は良かったらどうぞ。



自分の動画については追記から。
続きを読む
23:57 | CV・SV・PV | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

テスロックス

Lostさん編集の「Lostex Expert Tag」について。


動画はこちら。
Lostさんの独特の編集スタイルで、よりオフィシャル感のあるPVっぽさMAX。
個々の動画で、それぞれコムサの映り方も違うし環境も違うから、どの環境でどのコムサが見映えるとか、エニボの配色のテイストもわかりやすい。
Lostex com-ssaを購入しようと思っていて、どのデザインを買おうか迷っている方はぜひ参考にしてみてはどうだろうか。

新作のメタルコムサも動画に登場しているので必見。

自分の提出動画については追記から。
続きを読む
21:30 | CV・SV・PV | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

クレイジー0時

戦筆を作ってみた。

IMG_6866.jpg

画面か首を回す仕様で頼む!!

指が怪死するのではないかというくらい制作は疲れた。もう二度と作らない。
エンボス独特の太さとふわふわ感に、重量が加わって味のある回し心地。ペン先部分はかなり口径が太いからペンを一時的に垂直に立てたりする技がやりやすくて技のバリエーションが増えそう。

真似して作る人たちも凄いけど作ろうとも思わないこの改造を思いつくのがとにかく凄い。それぞれのパーツが上手いことカッチリかみ合うようになっていて、さすがの世界を感じる。

というかこのペン(?)持っている人たち本当に作り方合っているのかよ!!!!
と思うくらい多くの人が持っていてさすがの人気だと思う。作り方妥協してねぇよな!!!!!!!
23:30 | カスタムペン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

LOSTEX

Lostさんから、ペンが届いた。

DSC_0009_2 (1)_1


今後新しく販売予定のLostex com-ssaシリーズ。いただいちゃった。
数年前も自作コムサシリーズを販売して、爆発的な人気を誇っていたLostさんのコムサシリーズだけど、今回も素晴らしいデザインのものばかり。

アーキテクチャ
DSC_0009_2 (2)_1

視覚的にも面白い総柄のコムサ。

キューブ

DSC_0009_2 (3)_1

前作から人気のキューブ。マイナーチェンジ版。

ブギウギ

DSC_0009_2 (4)_1

不規則に並べられたブロックのグラフィックをあしらったボディ。ペン立てに立てているだけでもオシャレ。

エキスパート


DSC_0009_2 (5)_1

写真じゃ伝わりづらいけど、ずっしりとした質感のある光沢がとても魅力的。開封したときまず目についた。赤く光る部分が好き。

アーミー

DSC_0009_2 (6)_1

こちらも前作より人気のアーミー。思いつきそうで思いつかない逆転の発想のアウトサート。



どれも満足の一言。質感は完全に軸とアウトサートが一体化しているような手触りで貼り付けはまさに職人技(笑)
さっそく動画撮影にも取り掛かりたいんだけど、ぜんぜんまだ指が動かせる状態じゃないからリハビリをしつつ少しずつ動画撮影に持っていく予定。
机に置いているだけでもなんだかワクワクする一品。

在庫は多数あるようなので、Lostさんの今後の情報に注目。
23:37 | カスタムペン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

セイラー服と期間中

DSC_0009_2.jpg

SAILORのGel。ノック式のこのへんの色は中々見なかったような気がする。
DSC_0010_2.jpg


なんだかんだ凄く大事にしている。いつ使おうか・・・。
キャップ式は狂気的に取り外しがめんどくさかったよね。


ちなみに、初めて作った改造ペンは毒竹だったりします。一番ベーシックな配色のやつ。
毒栗のチップをGスペと間違えて「こんなにチップ簡単に吹っ飛んでいくものなのか・・・w」と戦慄したのを今でも覚えてる。

その後旧毒栗でちゃんとしたやつ作って、すぐにフルーエントソニックを習得した。
改造ペンの進化は技の進化ってよく言われるけど、そこらへんはかなり同意出来る。

戦筆使ってる人が多かったJapEn 11thだけど、今までのJapEnとは違った流行の技の傾向だったように思える。

セラゲルのこの特徴的なグリップの段差は、初めて見たとき、はじめて100均で見つけたときは感動したなぁ。(ダイソーで販売されているのを知らず数々の文房具店を渡り歩きました笑)

読者の皆さんも、ペンに関する面白いエピソードとかあったら書き込んでってください。

DSC_0011_2.jpg
21:16 | 文房具 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。